Categories

  support@firstexperience.jp

イタリアの至宝CARLO BARBERA

カルロ・バルベラ

CALRO BARBERA(カルロ バルベラ)

1949年にイタリア・ビエラ地区で設立された「CALRO BARBERA(カルロ バルベラ)」は、エルメネジルド・ゼニア、ロロピアーナ、グアベロと並び称される4大最高級梳毛メーカーと言われています。また、イタリア国内やユーロ圏では、最高級の服地はどこか?の問いかけには7割以上の専門家が「CARLO BARBERA(カルロバルベラ)」と答えるほどのブランドです。

まさに、イタリアの至宝と呼ばれるにふさわしい最高級の服地と言えます。この評価には、世界でも珍しい独特の製法があります。それは「天然で採取できる一番細く長い素材だけを使用し、最高級の生地を生産する」ことを社是とし、オーストラリア産のウールを地下倉庫に寝かし、本来のウールの性質を取り戻し生まれ変わるのを待った上で、空気を含ませながらゆっくりと織りあげる独特の製法を守り続けているからです。

現時点のカルロ・バルベラ

工場の土地建物および機械類はBarbera Familyの財産ですが、運営は実質的にKitonが行っています。3代目のコラード・バルベラは営業としてBarbera Familyを代表として雇われています。 Barbera家はKitonからCarlo Barberaの名前および工場使用料をRoyalityとして取っています。

現在のテキスタイルデザイナーはAndrea Bottaといい、前職はGuabelloのテキスタイルデザイナーです。Kitonの傘下となり社内の各種決定権はKiton出身者が担っており、その点で素材のデザインなどもKiton的なエッセンスが加味されているのではないでしょうか。

カルロバルベラの現在

世界でもめずらしい独特の製法があります。

それは『天然で採取できる一番細くて長い素材だけを使用し、最高級の生地を生産する』カルロバルベラ社が責任を持って、オーストラリアのウールオークションにおいて充分吟味した最上級の糸を買い付け、その糸の緊張を解くため「カルロバルベラ」社の地下倉庫にいったん寝かします。

この地下倉庫は岩を切り出してつくってあり、地下にはストローナ川の水が引き込まれていて、一年中気温は約7度、室温は75%に保たれています。
この地下倉庫で糸は本来の特性を取り戻し、これが”ただの糸”から”カルロバルベラ”の織物となる工程に於いて重要な意味を持つ織物に生まれ変わるのです。

真心を込めて長年の経験と伝統によっておこなう仕上げで、最高の品質を持ったファブリックになります。
空気を含ませながらゆっくりと織り上げるのであたりのない、ふっくらとした生地感は他のファブリックには絶対に感じることができない独特の製法。

RISERVA 1911 のネーミングはカルロバルベラ創設者の誕生の年にちなんだ厳選された特別な素材のコレクションになります。
ソフトな風合いと光沢感が特徴的で、着用期間も長く使いやすい素材です。

カルロ・バルベラのスーツ生地を見る。

 

 


 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です