Categories

  support@firstexperience.jp

安く作れる訳がない国産オーダースーツ

オーダースーツ

2万円を切る激安オーダースーツは本当にお得?

巷では、1着2万円を切るオーダースーツが売られています。もちろん、アジアのどこかで生産されています。昔は、中国がその生産のほとんどでしたが、さすがにコストが合わなくなっているようで、バングラディシュやインド、ベトナム、カンボジアへと変わってきています。なお、ご法度ですが、中国からミサイル問題のかの国へと流れているものも少ないくないらしいです(書いて大丈夫かな・・・)。

もちろん、日本の技術者を派遣していたりするので、製品的には十分だということを考えれば、お買い得なオーダースーツとも言えますので、否定する気は毛頭ありません。

ただ、スーツは縫製やパターン(型紙)だけで良しあしが決まるものではありません。50%程度は生地でその良しあしが決まると言っても過言ではありません。
2万円を切れるスーツは中国製生地もしくは海外ブランド風中国かインド製生地が占めます。この価格帯の生地では、やはり見た目にいいスーツとはなかなかなりません。

「いやいや。いい生地もあるし、大手イタリアのブランドも中国で一部生産して本国に持ち帰ってイタリア製としているよ。」という声も聞こえてきそうですが、例外を持ち出せばある可能性もありますが、ほぼないと思っていただいていいのではないかと個人的には思います。

こう考えると、アジア製でも4万円くらい出さないとやはりオーダースーツとしての価値はほぼないと思いますので、カッコよく着こなすなら、お得とはいいがたいと思います。

日本製オーダースーツをカノニコで作る。

日本製オーダースーツの価格

アジア製の製品は、私たちが目指すものととは違います。国産のオーダースーツの工賃は、安い工場で2~3万円くらい。高い工場では4~5万円くらいとなります。この時点で、国産を2万円以下で売ることはほぼ不可能です。もちろん、自社工場で仕事を作らないといけない場合などでは、2万円を切る可能性はあると思われますし、2着でいくらという価格設定をすることにより、薄利ながら販売する方法もあるとは思われます。

ただ、一般的に考えれば、ベーシックなCANONICOなどのインポート生地で1着15,000円~25,000円くらいですので、最低でも原価で35,000円~50,000円くらいはかかります。ここから計算すると最低でも50,000円くらいは出さないと、上質なオーダースーツはお仕立ていただけないと思います。

内面を磨くのはむつかしい。まずは外見からでも悪くない。

格安スーツに手を出さず、自分に自信を持てるスーツをまずは選びましょう。特別お洒落になることはビジネスをする上でそれほど重要ではありませんが、ある程度上質なものは確実に着る人の質感を上げてくれます。まずは、お手軽な外見磨きからはじめましょう。中身はきっと後からついてきます。

 


 

オーダーシャツの芯地について

オーダーシャツ

シャツの表情を変える芯地の役割

シャツの芯地には、トップヒューズと呼ばれる(永久)接着芯地とフラシと呼ばれる生地と接着していない芯地があります。一般的には、高級な天然素材のシャツにはフラシの芯地が使われており、安価なTC(綿×ポリエステル混)のシャツにはトップヒューズが使われることが多いようです。

特に、しなやかさや柔らかさ、着用感を大切にするイタリアの高級ブランドシャツでは、圧倒的にフラシ芯を使用しています。
どちらにもメリットとデメリットがありますが、簡単にまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

シャツの芯地の違い

 メリット デメリット
 トップヒューズ
  • メンテナンスが容易(アイロンがけが楽)。
  • しっかりとした印象。
  • 高圧立体プレスには向いている。
  •  固めの印象となるため、上質な生地の良さが生きないことがある。
  •  生地が全体的にのっぺりとした印象となる。(ブロードの場合は大きな問題ではない)
  •  着心地が少し固い。
  •  安価なシャツに使われることが多い。(例外あり)
  •  芯地が縮むことがある。(最近は改良されてはいる。)
 フラシ
  • 着心地がいい。
  • やわらかな雰囲気となる。
  • 襟のロールなどがきれいにでる。
  • 素材の凹凸や陰影などがきれいに出る。
  • 高級なシャツに用いられる。
  • 生地との相性がよく、縮みも少ないので製品と安定する。
  • 腕のいい職人の縫製が必要となる。
  • アイロンをしっかりと当てないといけない。
  • 安価なクリーニングでは襟やカフスにしわが出ることがある(高圧立体プレスの場合)。

FIRST EXPERIENCEのオーダーシャツはフラシ芯

当社のシャツは、仮接着のフラシ芯を使用しています。縫製時には軽く接着をしていて作業を効率的に進めれるメリットがあり、お洗濯後には水溶性の接着が流れ、やわらかな雰囲気のフラシとなる芯地となります。このために、襟やカフスに気泡のような浮きがある場合もありますが、洗濯後には接着がなくなるため気泡のような浮きもなくなります。

ただ、メンテナンスはどうしても重要となりますが、高級な生地にはそれなりのメンテナンスも男の身だしなみとお考えいただければ幸いです。

どうしても、メンテナンスが大変だとか硬めの芯地がお好みの場合は、プレミアム・ラインのみトップヒューズの芯地に変更も可能です。なお、上記表でも例外と記載しておりますが、イタリアの高級シャツやイギリスの高級シャツでも一部ではトップヒューズを使っているブランドもありますので、お好みでお選びいただければと思います。

少しのポイントで綺麗に仕上がるアイロンがけ

下記の図を参考に順序よく引っ張り、形を整えてからプレスをかけてください。
ポイントはしっかりと引っ張り形を整えること。ここで形が整っているとアイロンがきれいにかかります。

アイロンの掛け方 襟越し(ボタン穴とボタンの位置)を両手に持ち矢印の方向に引っ張ってください。
アイロンの掛け方
  • 羽の付け根をもって上図と同じように引っ張ります。
アイロンの掛け方
  • 剣先も上図2点と同じように引っ張って形を整えてください。
アイロンの掛け方  カフスは袖口の部分を引っ張ってからアイロンがけしてください。

クリーニング店の高温高圧プレスでは、フラシ芯の場合しわが寄る可能性があります。これは、生地(外側)と芯地が洗濯により収縮するため、上記のように伸ばしてしっかりと当てない一部のクリーニング店の高圧プレスではしわが出る場合があります。これを解決するためには、襟カフスのみ手仕上げなどをクリーニング店にご指定いただくなどが必要となります。

なお、この皺に関してはフラシ芯を使用しているシャツには起こりえる事象となりますので、特別な不具合等ではございませんことご理解とご了承のほどお願い申し上げます。


 

THOMAS MASON BESPOKE

トーマスメーソン・ビスポーク

        

英国が育みアルビニが進化させた歴史的シャツ生地をオーダーシャツで

トーマス・メイソンのコレクションは、エジプト綿の中でも究極の最高級糸のみを使用して作られた双糸の生地を特徴としています。
起業家のThomas Masonによって1796年に英国のランカシャーに設立された名門ブランドは、英国シャツと言う伝統の世界で、エレガントで質の高いランドマークに位置する唯一の生地でした。 1992年にAlbini Groupに買収されたThomas Masonは、ギザ45号とギザ87号のエジプト綿とノルマンディーの洗練されたリネンを使用して作られた貴重でカラフルなダブルツイスト布を使用して、豊かなレガシーをモダンで独創的な方法で再解釈し生産されています。

        

トーマスメーソン・ビスポーク

        

THOMAS MASONが認めたシャツのみに許される称号をあなたに

THOMAS MASONが最高品質と認めたオーダーシャツ(ビスポーク・シャツ)にのみ付けることが許されるBESPOKEの織ネームラベルと裾ピース(ガゼット)。日本では数店舗しか認定されていないTHOMAS MASON BESPOKEをオンライン通販では初めてFIRST EXPERIENCEが取り扱えることとなりました。

THOMAS MASON BESPOKEは、すべての生地と織ネームラベル、脇ピース、ボタン(オプション)もイタリアより1着分で空輸されるほど、徹底したブランド管理を行っていますので、納期が約1週間程度長くなることをご了承ください。

        

トーマスメーソン・ビスポークのガゼットと貝ボタン

        

オーダーシャツとして最上級の仕立てでお届けします。

仕様に関しては、縫製もアップグレードし運針も24針/inch以上と細かなステッチが上質さを更に引き立てます。ヨーク位置の織ネームもBESPOKEだけとなり※2、脇ピースもBESPOKE専用のものとなります。また、襟のキーパーもBESPOKEのオリジナルのものが付きます※3。また、ビスポークのみの仕様として背(ヨーク下)ギャザーとカフスギャザーがオプションに追加し、ボタンはすべて手付となっていますのでぜひお試しください。

        

        

※1.イタリアより発送されるため、イタリアの休日基準で運用されます。このために、ロングバケーション期間やクリスマス・ウイークなどは更に日数が必要となる場合がございます。
※2.FIRST EXPERIENCEの織ネームは下前身頃裾につきます。
※3.キーパーの長さは1種類しかありませんので、襟には通常の透明キーパーが付きます。