Categories

  support@firstexperience.jp

マクロン大統領とネイビースーツ

ネイビースーツとネイビー・タイ

マクロン大統領とネイビースーツ

フランスのマクロン大統領をニュースで見ると、いつもフィット感の高いネイビーのスーツを着こなしています。それも、濃紺というよりは少し明るめのネイビーが多いように思います。そして、ネクタイもおおむねソリッドのネイビーを合わせています。

印象だけかと思い、マクロン大統領で画像検索しても、やはりそのほとんどがネイビースーツにネイビー・タイでした。


ネイビーのスーツ×ネイビーのタイは鉄板の組み合わせですので、これは大いに参考になると思います。ファッション感度の高い人にとっては、ソリッド系のネイビー・タイはどんなファッションにも合うアイテムとして認識されているかと思いますが、意外と気づいていない人が多いのも現実です。

フレッシャーズにもおすすめのネイビー・タイ

働き始めて、悩む機会が多いのがネクタイだと思います。なぜか、エンジ系のレジメンタル(斜め柄)の新入社員が多かったり、イエローやピンクなどのネクタイをしてみたりと迷走としか思えない感じになるのも、悩みの深さが原因だと思います。

そんな時は、ネイビーのソリッドを試してみてください。知り合いのイタリア人などは、ネイビーソリッドだけで毎日過ごせると豪語するほどのキーアイテムです(もちろん、そのイタリア人は次の日には驚くようなペーズリーのタイをしていたりはしますが・・・)。

こんなにかっこよくて、悪目立ちをしないネクタイが1本あれば、毎日をきっと悩まずに済むはずです。

どうしてネイビー・タイのおさまりがいいのか。

ネイビー・タイがこんなにユーティリティ性が高いのかは、その色目にあると思います。人は紺色に安心感や信頼感、親しみやすさを感じる傾向があるようです。これは、 デニム・ジーンズがどんなファッションにも合うことや藍染めが人の心を落ち着かせることなどからもご理解をいただけると思います。

そして、ネイビースーツにネイビー・タイ、ホワイトシャツとの組み合わせで(紺白)モノトーンになることが、大きなポイントと言えます。

色数を抑えるとお洒落に見えることもありますが、裏を返せばセンスの差が出にくいとも言えます。これは、スーツスタイルにとって大きなメリットです。ぜひ、ネイビーのネクタイをお試しください。